婦人

大腸がんは早めの治療が肝心|加齢と共に発症しやすくなる

自分でこまめにチェックを

腹痛

大腸がんになると、便が細長いものに変わったり肛門から出血したりといった症状が現れます。早く発見して治療すれば治る病気なので、少しでも上記のような症状が見られるときは病院で検査してもらうことが大切です。

Read More

大腸にできるがん

男性

一部の大腸がんは、自覚症状として血便やお腹の張りがありますので、このような時はすぐに検査を受けましょう。また中には見つかりにくいものもありますので、定期的に検診を受けるのがお勧めです。治療方法は手術や化学療法、放射線療法ですが、最近は免疫細胞を使った治療方法が、副作用も少なくて注目されています。

Read More

大腸の異常とその原因

病院

大腸がんは早期の段階であれば自覚症状が殆どなく、発見は素人では難しくなります。ただ、定期的な検査、検診を徹底していればがんの早期発見、早期治療も可能になってきます。がん対策のためには医療機関を十分に活用していくことが大切なのです。

Read More

症状の改善と治療法

診察

患部の切除が大事になる

大腸がんは、盲腸や結腸、直腸から肛門までを含む大腸の粘膜部分に癌細胞が出来てポリープが発生する病気のことを言います。大腸がんの症状は、便秘や下痢を繰り返したり便が細くなる、血便や腹痛、貧血や体重の減少などがあります。痔持ちの人は、痔の出血だと勘違いすることも多いので注意が必要です。基本的には、患部の切除が根本的な治療法となるため内視鏡や外科手術が行われます。症状や癌のレベルに合わせて、放射線療法や化学療法も行われることがあります。治療後も、定期的な検査や再発予防のための治療を行う必要があると言えます。大腸がんは、初期の段階で病院を受診して治療を始められれば予後は良い場合が多いと言われています。

早めに病院を受診する

大腸がんの症状には、比較的気づきやすいと言えます。以前無かった症状が急に出るようになったり、お腹の調子がおかしいと感じることが続くようであれば早い段階で病院を受診する必要があります。受診すべき病院は、胃腸科や消化器科、内科などが一般的です。大腸がんは男女ともに発症率の多い癌になります。しかし、早期に発見して治療が出来れば予後は良い場合が多いとされています。特に40代くらいから50代にかけては発症率が高くなるため、年に1度は必ず大腸がん検査を受けると良いと言われています。家系で大腸がんやその他がんを患ったことがある人がいる場合は、リスクは上がるので気を付けながら健康診断を受けることが大切であると言えます。